【ものづくり入門2021】授業でできるようになること

更新日:2021年4月28日

授業を終えた皆さんができるようになることを記載しておきます。

最終製作課題を考える参考にしてください。


・レーザー加工機が使えるようになり、さまざまな材料を加工(切断・刻印)できるようになります。

 →紙の加工の例

 https://www.troteclaser.com/ja/applications/paper/

 →段ボールの例

 http://craftsman.citylife-new.com/e77863.html

 →コルクの例

 https://corkworld.tera-jp.com/sp/process/laser_about.html

 →木材の例

 https://laser-style.net/?mode=f34

 →アクリルの例

 https://www.rtec-wt.co.jp/laser2.html

 →革の例

 https://www.oh-laser.com/application/leather_sleeve

 

・3Dプリンタが使えるようになり、樹脂を設計した形で出力できるようになります。

 →設計して実生活に役立てている人の例。力作ぞろいです。

 http://hitoriblog.com/?p=59325

 

・3Dプリンタで出力したものを制御できるようになります

 https://switch-education.com/examples/microbit-crossing-bar/


・照度センサー(明るさを検出)を制御できるようになります。

 https://www.pc-koubou.jp/magazine/31344


・加速度センサー(動きを検出)を制御できるようになります。

 https://living-maou.com/microbit-wakeup/


・LEDを任意のタイミングで点滅や点灯できるようになります。

 https://sanuki-tech.net/micro-bit/make/traffic-signal/


・マイクをスピーカーを制御できるようになります。

 https://blog.switch-education.com/entry/2020/11/05/v2-mic



3Dプリンターやモーター、LEDを組み合わせて、相当な時間を費やせばこんなことも...

 https://youtu.be/da5YVl8qm9Q


上記のことができるようになった自分が、どんなものを作れるようになるのか

想像しながらアイディアを練り、システムを創造してみてください!







 


 

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

■授業内容 ・プログラミングの基本  ①順次処理  ②条件分岐  ③反復処理 ・フローチャートの書き方 ・日常生活の中から順次/分岐/反復していることを探して書き出してみる ■参考となるウェブサイト ・プログラムの基本となる3つの処理 ・フローチャートの4つの基本ルール ■次回までの課題 2022年11月21日(月)AM11:59〆 A「身の回りで反復処理してることをフローチャートに書き出してみる

■授業内容 ・Thingiverseの紹介 ・クリエイティブ・コモンズについて ※参考 https://creativecommons.jp/ ・CC0について ※参考 https://creativecommons.jp/sciencecommons/cc0-faq/ ・Thingiverseに共有されている3Dデータの共有 ・班ごとに作業 ■次回までの課題 2022年11月7日(月)AM1

■授業内容 micro:bit ・micro:bitの配布 ・micro:bitの接続方法 ・micro:bitでハートマークの表示 ・マイクロビットクエストの実施 https://www.tinkercad.com/joinclass/DPPHXFA7EJ8F ■次回までの課題 2022年10月31日(月)AM11:59〆 A:「マイクロビットクエスト8までクリアする」 https://mono