第4回「レーザーでの組み合わせ可能な部品の加工」

授業内容

①授業内メイカーフェア

②前回の課題の補足

 A:割り込み処理に注意しよう

 B:音を鳴らし続けるには条件判断ブロックを使用

 C:フローチャートにはdraw.ioが便利そう

 D:マイクロビットはモバイルバッテリーで動く

 E:Youtubeへ動画投稿のご検討を

③今週の課題の説明

④”専用機”には汎用機にはないロマンがある

⑤開発の大きな流れ

 A:仕様の検討

 B:設計

 C:試作

 D:テスト

 E:評価

⑥何を置くことに特化させるのかを決める

⑦既存の製品で類似する機能を持つものを探し、

 その形状の意味や良さを見つける


次回までの課題10月31日(日)23:59〆

A:授業内メイカーフェアへのコメント https://forms.gle/us3mRTndSvb72JjG7 ↑こちらから記入してください B:「それを置くことに特化した専用スタンドを開発する」

条件①設定した仕様を記載すること

条件②参考にした既存の商品があれば記載し、    

   どの点に良さを見出して参考にしたのか記載すること

条件③設計→試作→テスト→評価の様子を記載すること

条件④仕様通りのスタンドになるまで設計→試作→テスト→評価を繰り返す

条件⑤完成したスタンドの写真を掲載すること

条件⑥素材の加工にはレーザー加工機を使用すること


※全員で全行程取り組むも良し。設計担当、試作担当、評価担当と分担するも良し。

※スタンドは班で1個でも1人1個でも構わない

※レーザー加工機はミラーを変えパワーアップしているので設定に注意

※来週も授業内でメイカーフェアをやるので作品を忘れずに持ってくること

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

TINKERCADでレーザー加工機用のSVGデータを作る方法動画にしました. FUSION360など別のソフトウェアを使える方は そちらを使ってもらって構いません. 持てる力を存分に発揮してください. https://youtu.be/RRkgxFsh7SE

【授業内容】 ①課題の成果を共有 ・課題の成果を共有 ・2種類(キャストと押し出し)のアクリルの違い ※刻印はキャスト板が向いている  ・アクリル板への墨入れ ・レーザーの威力が減少する問題をミラーの交換で対処 ・ハッチングの向きによって加工時間が変わる ・アクリルを接着する際の接着剤は注意 ・2層アクリルの紹介 ・高濃度アルコールはアクリルを溶かす ・モーターの空回り問題は偏心スペーサーで調整