3Dプリンタ用のデータづくり

更新日:2021年10月15日

3Dプリンター用の出力データをつくる時に注意してほしい点を3つ挙げておきます。


①出力可能な最大サイズは 133mm×75mm×130mmです。


②なるべく高さを出さないように配置して出力することが時短のコツです。


例)100mm×20mm×10mmの立体を出力する場合


↓この向きで出力すると6時間28分


↓この向きで出力すると1時間18分


↓この向きで出力すると40分



③サポート剤をつけた面は造形が乱れます。きれいに出力したい面と反対側にサポート剤をつけましょう。



閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

TINKERCADでレーザー加工機用のSVGデータを作る方法動画にしました. FUSION360など別のソフトウェアを使える方は そちらを使ってもらって構いません. 持てる力を存分に発揮してください. https://youtu.be/RRkgxFsh7SE

【授業内容】 ①授業内メイカーフェア ②前回の課題の補足 A:割り込み処理に注意しよう B:音を鳴らし続けるには条件判断ブロックを使用 C:フローチャートにはdraw.ioが便利そう D:マイクロビットはモバイルバッテリーで動く E:Youtubeへ動画投稿のご検討を ③今週の課題の説明 ④”専用機”には汎用機にはないロマンがある ⑤開発の大きな流れ A:仕様の検討 B:設計 C:試作 D:テスト